猫に関する総合サイト

猫しつけ、トイレのしつけ、飼い方に関する総合サイト

カテゴリー

にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

猫のブログランキングに参加しています。
応援していただける方は是非
上のブログバナーをクリックしてください!

子猫が産まれたら

投稿日時:2007年11月20日 火曜日

子猫と母猫子猫は、お母さんのミルクを飲み、お母さんと一緒に眠ります。お母さんは体をUの字に丸め、子猫たちを包むようにして休みます。その顔には満足と幸福が満ち溢れていることでしょう。


子猫に餌をやる

お母さん猫には、食べ物や飲み物、そしてトイレを近くに用意してあげます。ただしこれらのものは子猫たちの手の届かない場所に置きましょう。そしてお母さんを観察し、食事を食べているか、トイレを使えているか、などを確認しておいてください。

出産から2~3日の間にお母さん猫の食欲は以前の2倍になりますので、いつも栄養と品質の良い子猫用フードを準備し、いつでもお母さん猫が食べられるように置いておきましょう。また水も必ず設置しておきます。この頃のお母さんには、ビタミンやミネラル剤などを飲ましてあげるのもいいでしょう。子猫たちにミルクを与えている間は、栄養をしっかり補充して、お母さん猫が体重と健康をキープできるようにしないといけません。もし体重が減っていないのにやせこけて見えたり、細くなっているように見えるなら、獣医へ連れて行きましょう。子猫たちが離乳し始める時に、お母さん猫が妊娠する前の体重と同等を維持していればベストです。

justborn.jpg健康な子猫は身が引き締まり、丸々として元気はつらつとしています。子猫たちは1~2時間おきにミルクを飲みます。お腹が丸く膨れて静かに寝ていれば、しっかりとミルクを飲んでいる証拠です。もしずっと鳴いていたり、動き回っているようなら、十分に飲んでいないと思われます。もしミルクを飲んでいないのにお腹が膨れているなら、それは子猫が空気を飲み込みすぎて、お腹が膨れている可能性があります。食事が十分でないと、体が弱り、じっとして鳴かなくなります。子猫たちは生まれて数日で母親のどの乳房からミルクを飲むかを決め、毎回同じ乳房でミルクを飲むようになります。母親は子猫にミルクをあげた後、子猫たちのお腹、お尻や生殖器の辺りを舐めて排便・排泄を促します。これは生後2~3週間続きます。

通常生まれたばかりの子猫の体重は100グラムぐらいとされています。(90~110グラムの間はノーマル)90グラム以下の子猫は生まれてすぐに死んでしまう可能性高くなります。また、子猫は生まれて24時間以内は多少体重が減少することがありますが、それ以降は、毎日最低7~10グラムずつ体重が増えるのが健康とされます。最初の2週間で生まれてからの体重が2倍になるのが目安です。最初の2週間は出来るだけ毎日体重を量り、その後は離乳するまで1週間に2~3回量るようにしましょう。体重の変化を観察することで子猫たちの病気の初期サインに気づくかもしれません。



離乳食を始める時期

3~4週間たつと、子猫たちはお母さんの食べる様子を真似するようになります。この時期に入ったら、浅い器に水を入れ、一日の決まった時間にケージの中に入れておきましょう。そして子猫たちのえさを子猫用の離乳食に変えます。離乳食の作り方:お湯と子猫用のミルク、そして子猫用のドライフードを一緒にミキサーにいれ、どろどろにします。この離乳食を始めた子猫たちには1日に3~4回の食事を与えます。子猫たちが離乳食に自分で近づき、食べて去ったら、残りはお母さんが食べてきれいにします。お母さん猫はそのあと、子猫の体をきれいにします。離乳食を作る時に加えたお湯とミルクは、毎週、少しずつ量を減らしていき、7~8週間後には子猫たちがドライフードを食べられるようにしましょう。子猫がドライフードを食べられるようになると、お母さん猫は次第に巣を空ける時間が長くなっていきます。生後7~8週間以上経った子猫たちは、ミルクから卒業し、水やドライフードを自分で摂取できるようになります。またこの時期には自分で猫砂の入ったトイレを使っているでしょう。離乳が進むと、お母さん猫の食事も減らしていかないといけません。離乳を急がなくても、子猫がドライフードを食べ始めるとお母さん猫のお乳の出は自然に減るようになります。授乳が始まって5週に入ったら、妊婦用のフードを少し減らし、通常の大人の猫用のえさを加えていきます。少しずつ大人のえさを増やしていき、子猫たちが離乳8週目に入る頃には、お母さん猫のえさは全て大人のえさになるようにしましょう。

子猫たちがえさをしっかり食べるためには、匂いを嗅げることが大切となります。もし子猫たちに鼻水が出ているようなら、鼻をきれいに拭いてあげましょう。そして1日に7~8回新鮮なフードをあげてください。また、毎日体重を量り、子猫たちの体重がきちんと増加しているかをチェックしておきましょう。

あなたの猫にはどのブラシ?正しいブラシの選び方

投稿日時:2007年11月17日 土曜日

家でのグルーミングを始めるための最初のステップは正しいブラシを選ぶことから始まります。

ブラシは以外にたくさんの種類があります。ここでは一番良く使われているブラシを説明します。

ブリストルブラシ(動物・人間などの天然毛ブラシ):このブラッシング用の毛ブラシはほとんどの毛種類で使うことが出来ます。毛と毛の間隔の違いや毛の長さなどの違いでいろいろな種類が用意されています。通常、長毛種の猫には、毛と毛が密集していない、長めの毛のブラシを選ぶと良いでしょう。毛が硬い猫には、ブラシの毛も硬いものを選ぶようにしましょう。

ピンブラシ:金属製ピンブラシには、ピンの先がゴムになっているもの、またゴムはなくピンのままのもの、また柔らかいピンを使用したものなど種類があります。これらのピンブラシは、中~長毛種で巻き毛、もじゃもじゃした毛のペットに向いています。

スリッカーブラシ:スリッカーブラシには細い金属製の毛がついており、絡まった毛や固まった毛などを取り除くのに大変便利です。
オススメのスリッカーブラシの一覧はこちら。

くし:くしは硬い毛のペット以外の、全ての種類に向いています。くしは毛と毛のもつれを梳いたりするのに大変重宝します。グルーミングが終わった後の仕上げにも使われます。

ゴム製ブラシ:ゴムで出来たブラシは皮膚をマッサージするのに効果的です。又抜けた毛を取り除くのにも効果があります。グルーミングの終わりに使うと良いでしょう。

ブラッシングの時には優しく、ゆっくり時間をかけて行いましょう。絡まった毛やもつれを梳く時にはより一層の注意が必要です。ブラッシングはペットにとってくつろげる時間でなければなりません。ゆっくりブラシをかければ皮膚に気持ちいい刺激となり、心地よいマッサージとなるはずです。絡まった毛を無理やり取ったり、引きちぎったりすることが数回でもあれば、あなたのペットはグルーミングを確実に拒むようになるでしょう。ペットとの信頼を保ち、ブラッシングの時間が楽しくなるようにするには、まずブラシを頻繁にかけることです。出来れば毎日かけることをオススメします。頻繁にブラシをかけることで、毛が絡まったり、もつれたりすることを防ぐことが出来るからです。

デンタルケアー

投稿日時:2007年11月16日 金曜日

歯磨きと家での歯の手入れ

猫の歯磨きをすることは仕事ではなく、猫とあなたにとって楽しい時間になるべきです。初めて歯磨きに挑戦するなら、じっくり時間をかけ、しっかり誉めてやりましょう。そうすることで、猫は歯磨きの時間を楽しみにするようになります。では歯磨きに必要なものを揃えるところから始めます。

歯磨き粉とリンス

最近はたくさんのペット用の歯磨き粉が販売されています。購入する時はペット専用の歯磨き粉を選んでください。人間用の歯磨き粉を使用すると後でお腹を壊す可能性があります。ペット用の歯磨き粉には有効成分として多くの異なる原料が使われています。そして歯専門の獣医さんもこれらのジェルやリンス(クロルヘキシジン、グルコン酸亜鉛などを含む)を薦めています。ただし、あなたの猫に歯茎の病気がある場合や、フッ化物を使った歯磨き粉の治療を受けている場合は、治療を受けている獣医さんに相談してください。決して人間用のフッ化物を含む歯磨き粉をペットに使用しないで下さい。また歯磨き粉に味が付いているものもありますので、猫の好みの味を試してみるのもいいかも知れません。

 

歯ブラシ、スポンジとシート

まず最も効果的な歯磨きは歯ブラシを使ったブラッシングでしょう。輸入品や歯専門の獣医を探せば色々なブラシやスポンジ、シートがあることが分かります。どの道具を使うかはあなたの猫の歯茎の状態や、猫の歯磨きに対する態度、またあなたの歯ブラシをするテクニックによって変わってきます。

歯ブラシはペット用にデザインされたものを使用したほうがいいでしょう。なぜなら、ペット用は小さくデザインされており、また人間用よりもさらに柔らかく、形もペットの口に合うように設計されているからです。指につけるブラシなら持つための取っ手がつかず、指にフィットするように作られていますので、この方が使いやすい人にはオススメです。このようなペット用デンタルケアーの商品は、このホームページ、歯専門の獣医さん、又は大型ペットショップのオンラインストアーなどで販売されています。初めて歯磨きに挑戦する場合は、シートやスポンジのように柔らかく、形が自由に変化できるものの方がやりやすいかもしれません。シートには殺菌作用のある成分が含まれており、手で直接歯茎や歯を拭き取ります。スポンジは、棒の先に付いており、通常使い捨てです。これらはブラシより柔らかいのが特徴で、歯茎をブラッシングすることは出来ませんが、歯や歯茎に付いた汚れやごみを取ることはできます。

始め方

まず、この歯磨きの時間が猫とあなたにとって楽しい時間となるようにしましょう。元気な雰囲気でゆっくりと始めてみましょう。無理強いはせず、一つ一つの手順を短めにこなします。掃除をしている間猫をしっかり誉めることを忘れないように!そして猫の健康を気遣っているあなた自身も誉めてあげましょう。

手順1
まず、あなたが猫の口に物を入れることに慣れてもらいましょう。ツナや、チキンスープなど猫の好きな液体を指に付け、試します。まず猫にお菓子を上げる要領で名前を呼び、猫にあなたの指を舐めさせましょう。そしてスープが付いた指で猫の歯茎や歯を優しく擦ります。これを何回か繰り返せば、猫は口の中を触られることに慣れるだけでなく、この時間を楽しみにすることでしょう。

手順2
指にガーゼを巻きます。(ガーゼを巻いた指をそのままスープなどに浸してもいいでしょう。)そのガーゼを巻いた指で優しく猫の歯を円を描くように摩ります。あなたの猫が心地よくなるまでこの手順を繰り返し行ってください。この手順を行う間もしっかり誉めて、明るいムードを維持しましょう。

手順3
これまでの手順で味の付いたガーゼを口に入れることに慣れてきたら、歯ブラシを始めてみましょう。スポンジやシートを使ってもいいです。まずは猫にこれらの道具に慣れてもらわないといけません。特に歯ブラシの毛に慣れることは大切です。ブラシの毛にスープや味の付いたものを付けておき、猫に舐めさせてみましょう。そうすることで猫がその感触に慣れてきます。

手順4
これで猫は歯磨きのアイテムに大分慣れてきているはずなので、歯磨き粉を加えてみます。ペット用の歯磨き粉には通常麦芽や鶏肉などの味が付いていますので、猫には抵抗がないでしょう。歯磨き粉を指につけ猫に舐めさせてあげてもいいでしょう。そうしてしっかりこの味に慣れさせてあげてください。その後あなたの指につけた歯磨き粉で猫の歯茎をマッサージします。この間もしっかり猫を誉めてあげます。

手順5
さあいよいよ実際の歯磨きです。この段階であなたの猫は歯ブラシと歯磨き粉に慣れていると思いますので、実際にブラッシングをしてみましょう。明るい声で楽しそうに声をかけてしっかり誉めながらブラッシングをしてあげます。最初に上の左右犬歯を磨きます。(前にある大きな歯)これらの歯はとても掃除しやすいので練習にもなるでしょう。犬歯の後は他の歯をブラッシングしていきます。猫が歯磨きの時に抵抗せず、あなたに協力しているなら、ゆっくりと磨く歯の数を増やしていきましょう。

歯磨きの頻度は?

歯磨きは頻繁にするほうが良いでしょう。人間が毎日歯磨きをするように、猫にも毎日歯を磨くことが必要です。家での歯磨きを始める上で一番大変なのは、始め方です。始めてしまえば、毎日の日課のようになります。毎日歯を磨けない場合は、2日に1回磨くことで、食べ物などが固まり歯垢となる前に取り除くことが出来ます。そして頻繁な歯磨きによって口の健康を守ることが出来ます。

デンタルケアーのアイテム

食べ物:ヒルズのサイエンスダイエットなど、歯科医によって認められたドライフード(歯の健康のためのフードと記載されています)も販売されています。検証によればこれらのフードを食べることによって歯垢が付きにくくなることが分かっています。
また人間の食事の食べ残しや甘いお菓子をあげることは、猫の健康自体にも悪影響を及ぼすばかりか、歯垢や歯石を増加させることにもなるので避けましょう。

カテゴリー: 歯磨き · コメント0件 »

お風呂とブラッシング

投稿日時:2007年11月15日 木曜日

catbathing.jpgお風呂とブラッシングについて

猫をお風呂に入れたりすることに特に学ぶことはないと思いがちですが、ここでは飼い主と猫の両方にとって一番やり易く、ストレスのない手順を説明します。

毛の手入れ

お風呂に入れる前に、まず毛の手入れをしてあげます。ブラシでしっかりと梳かし、抜けかかっている毛を取り除きましょう。抜けた毛などが絡まっていなじければ、皮膚までしっかりシャンプーが行き届き、シャンプーを効果的にすることができます。また、飼い主の立場では、お風呂の後、抜け毛の掃除をするのが楽になります。

猫の毛の種類は色々あるので、それぞれの種類にあったブラシを選ばないといけません。正しいブラシの選び方は、あなたの猫にはどのブラシ?:正しいブラシの選び方ページを参照してください。ブラッシングをする前に、毛の縺れを解消するミストスプレーがあれば、それを吹き付けておくと良いでしょう。

ブラシをかける方法は順序どおりに行います。始めは頭から尻尾へ向けて、しっかりと優しく梳かします。絡まった毛や固まった毛を無理やり引っ張ったり、引きちぎってしまっては、あっという間に猫との信頼を失うことになりますので、気をつけてください。ブラシをかける時間が猫の喜ぶ時間となるように、ゆっくりと梳いてあげます。

長毛種の猫のブラッシングの仕方は、まず毛の流れに逆らって外側から皮膚のほうに向けて梳きます。全体をこのように梳いた後、今度は毛の流れに沿って根元から外側に梳きます。長毛種の猫の場合は、ブラシで長く先まで梳かし、短毛種やカール毛の場合は、ブラシで短く梳いてください。

ブラッシングをした後、櫛をつかって抜けかかっている毛を取り除きます。大きな音に慣れている猫なら、小型の掃除機を手で持って抜け毛を取る方法もあります。

お風呂に入れる

「シャンプーを頻繁にすると猫の毛を傷めることになる」というアドバイスも以前はありましたが、正しいシャンプーを使えば、1週間に1回以上シャンプーをしても毛をいためることはありません。

まず最初に決めることは、猫をどこで洗うかということです。子猫や小さい猫の場合は、台所の流しや洗面所の手洗い場で洗うと上手くいきます。反対に大型の猫の場合は、お風呂場や、ペット用の洗面容器を使ったほうがいいでしょう。

目を守るために眼炎軟膏を塗ります。そしてコットンの綿を耳に入れて耳への水の浸入を防ぎます。使用するシャンプーはあなたの猫の毛の種類、皮膚の状態、またお好みの成分を考慮して多くの中から選べます。決して使用してはならないのは、人間用のシャンプーです。人間用のシャンプーには猫にはきつい成分が含まれており、ペット用のPHの値になっていません。そのため猫の毛や敏感な肌を傷めることになります。

全身をきちんと濡らしてからシャンプーを付けます。そして順序を守って、首から尻尾の方向へ、毛と地肌をマッサージしながら進みます。水で濡らしたタオルにシャンプーをつけ、優しく顔を洗ってあげましょう。間違ってもシャンプーが目に入らないように気をつけましょう。

体を完全にすすぎ、股やわきの下、足の指の間をしっかり洗い流しましょう。猫は通常スプレーが嫌いなので、容器に入れたぬるま湯をかけてあげるほうが良いかもしれません。シャンプーが2度必要な場合は、シャンプーをつけ、同様にしっかりゆすぎます。輝くような毛の柔らかくて、手入れがしやすい毛の場合は、次にリンスを使います。リンスはすすぎの時に使うぬるま湯に溶かしてから全身にかけてやる方法もあります。

毛を乾かす

毛に付いた余分な水分をしっかり取ります。そして短毛種ならコットン系か、水をしっかり吸うタオルを使って毛並みに沿って力強くふき取ります。毛並みに沿ってふき取った後は、毛の流れと反対方向にふき取り、そうして全体の水気を取ります。

長毛種の場合は、毛が乾く間にもつれないように、しっかりと櫛で梳いておかないといけません。毛が濡れている間は、暖かくし、風が吹かないところにいるようにします。毛が半渇きの状態ではまわりにあるごみや汚れを全て吸いつけてしまいます。

完全に乾いたふわふわした状態にするためには、ドライヤーをかけます。(決して熱い風は使わないこと、暖かい風を使って)長毛種の場合は、ブラシで毛並みの反対に梳かしているときにドライヤーを使ってみましょう。風を毛の根元に向けて流し、ブラシで毛の先まで梳かしていきます。ふわふわしていない方がいい場合は、最後に毛の流れに沿ってブラシをかけます。

猫を家族に迎える

投稿日時:2007年11月13日 火曜日

新しい家族を迎える

「我が家に新しい猫が来る!」それは、とても嬉しくわくわくすることです。あなたはその嬉しさを家族や友達に話しながらこれから長く続く猫との楽しい生活を思い描いていることでしょう。新しく家に迎える猫が子猫にしろ、大人にしろ、どうやって家族に迎えるかで、その猫が上手く新しい環境に適応できるかが決まってきます。

dogandcat.jpg猫は習慣を重んじる生き物です。毎日同じ行動をし、次に行く場所ややることが推測できる環境を好みます。猫を慣れている環境から引き離し、車で揺られた後、新しい環境に突然入ることは、どんなに新しい環境がすばらしくても猫にとってはストレスになるものです。この緊張やストレスを取るため、猫を迎える時は、新しい環境にゆっくりと変えていきましょう。

猫を家に迎え入れる前に・・・

猫を迎え入れる前にいくつか計画を立てましょう。
まず、動物病院を決めて、予約を入れておきます。新しく猫が来たら問題がないかをチェックするためです。出来れば、猫を家に連れて帰る足でそのまま病院を訪ねるといいでしょう。

猫を運ぶ時には、頑丈で形が崩れないしっかりとした猫用キャリアーを用意しましょう。通常猫を連れて帰るときは車に乗ることになるでしょうから、猫が少しでも安心するように、小さいスペースで外から隔離されている猫キャリアーに入れてあげると良いでしょう。キャリアーに入れずに運んでいると、緊張のため、嘔吐や排泄したり、車の中で足元を動いたり、あなたの肩に飛び上がったりする可能性があります。

また猫は匂いにとても敏感なので、新しい家に行くときに、以前の環境の匂いを含むものを一緒に持って行ってあげると安心します。子猫の場合は、猫が今まで寝る時に使っていたタオルや毛布を傍に置いてあげてください。前のオーナーさんや、ブリーダーさん、ペットショップの人と事前に話しをしておき、猫を連れて帰る1週間前からこのタオルを使わせてあげるようにお願いしてみましょう。そして連れて帰るときにそのタオルを一緒にキャリアーに入れて、家に連れて帰ります。家についてもそのタオルはキャリアーに入れたままにしておき、猫がそのキャリアーの中で数日寝られるようにします。

初日は、猫にとって新しい項目を出来るだけ排除します。食べ物や猫砂も前から使っていたものと同じものを用意し、新しいものに買えるときは、1週間ぐらいかけて少しずつ変えていきましょう。

猫を家に迎える時には、以前から食べている食べ物、水、玩具、爪とぎポスト、そして猫砂の入ったトイレを静かな部屋に入れて準備しておきます。出来れば入り口のドアが閉められる静かな部屋がいいでしょう。もし猫がとてもシャイで怖がっている場合には、フェリウェイ(Feliway)という安心を促すフェロモンを使うのも効果的でしょう。このフェロモンは猫の顔から出る物質で、同じ種類の他の猫とコミュニケーションをとるときに使われるフェロモンです。時々、猫が顔を地面など水平なところにこすり付けているのを見ることがあると思いますが、それは、これらのフェロモンをそこに残そうとしているのです。顔から出るフェロモンは他の猫を落ち着けさせる作用があります。他にも猫を飼っている場合には、新しい猫を連れて帰る前に、家の周りや猫の入る部屋、キャリアーの中などにフェリウェイをスプレーしておくと良いでしょう。

新しい我が家

まず猫が新しい家に慣れるには周りの新しいものに慣れる必要があります。しかし、アパートや一軒家の全ての部屋に1度に慣れるのは大変なことです。初めての猫たちはよくベッドや家具の下や裏に何日も隠れてしまうこともあります。猫があなたやあなたの家族、そして新しい我が家に少しずつ慣れていくようにし、ストレスを軽減させましょう。もし、あなたの家にたくさん家族がいる場合や、他のペットを飼っている場合はなおさらです。

猫を連れて帰ったら、まず用意した部屋に入れ、外部から人が入れないようドアを閉めておきます。猫自身が部屋の中を探索できる機会を与えてあげましょう。猫がキャリアーから自分で出てくるまで待ち、決してキャリアーを傾けて猫を無理やり外へ出すようなことをしてはいけません。猫は通常好奇心旺盛ですから、しばらくすれば自分で自然に出てきて、周りを探索しようとするでしょう。もし、あなたの猫が怯えているように見えたら、部屋をしばらく離れ、猫を一人にしてあげましょう。そして後で部屋の様子を見に行ってください。もしどうしても猫の傍にいてあげたいと思うなら、本を持って行き、傍で静かに読みましょう。猫がキャリアーから出てきたら、あなたは動かず、猫のほうからあなたに近づいて来るまで待ちます。そしてやさしく、安心させるような声で話しかけます。もし猫が興味を持ってきたら、抱っこはせず、撫でてあげてください。そして猫があなたに慣れるまで時間をあげてください。また、この時、猫のキャリアーはずっと開けたままにしておき、猫が戻りたいときにいつでも戻れるようにしてあげてください。

他の家族のメンバーとの対面

他の家族との対面はゆっくり行います。一人ずつ部屋に入り、猫を撫でたり遊んであげたりします。もし家族に子供がいる場合は、座らせて、どうやって猫を撫でるか、どうやってえさをあげるかを見せてあげてください。そして決して猫を追っかけ回さないこと、猫の食事中、寝ている時、そして排泄している時に構わないこと、怪我をさせないことをしっかり教えてあげてください。他にペットがいない場合は、2~3日後から、猫自身に家全体を探索させてみましょう。

他のペットとの対面

もしあなたが他に猫を飼っている場合は、猫同士で感染する病気や寄生虫があることを知っておいてください。感染するものの中には致命的なものもあります。家に迎える前に、新しい猫はきちんと獣医の診察を受けさせ、検便をしてどんな予防接種が必要か、またお腹に虫がわいてないかをチェックしてもらいましょう。また血液検査によって免疫不全や、白血病などの診断も出来ます。他の猫のためにも、こうした健康診断を行ってから家に連れて帰るようにします。

他に猫やペットを飼っている場合は、新しい猫を一人にさせてあげる環境を用意することは特に重要です。顔を合わせなくても、他の猫たちは、新しい猫の存在をいち早く察知し、そしてドアの下の隙間から匂いを嗅いでいることでしょう。この時、猫たちが「シーッ」と警戒した態度を示しても驚くことはありません。それぞれの猫の匂いの付いたタオルを交互に与え、相手の匂いに慣れさせるようにします。そしてえさを与える時は、ドアをはさんで両サイドからえさを食べさせるようにします。この時ドアは閉まっていますから、お互いの匂いを嗅ぐことはできますが、顔を見ることはできません。これを数日繰り返すと、猫は相手の匂い=いいこと(食べ物)と感じるようになります。2~3日繰り返した後、新しい猫を部屋から出し、反対に古い猫を部屋に閉じ込めておきます。そして新しい猫に毎晩数時間かけて残りの部屋を探索させてあげてください。

さて次の段階は、お互いの猫を対面させることです。しかし完全に一緒に住まわせるわけではなく、一時的に顔を合わせるだけに留めます。この時、網戸やガラスのような相手が見えるようなスクリーンがあればベストでしょう。スクリーンがない場合は、ドアを少しだけ開け、猫の手が出るだけの隙間を与えます。この隙間は猫の体が通らない程度の隙間にします。これを数日続けた後、猫の食事を同じ部屋で与えるようにしてみます。えさの器を部屋の端と端に置き、猫たちが食事をしているのを観察してください。食事が終わったら、また2匹を離します。そうして毎日えさの器を置く場所を近づけていきます。最後にえさの器が隣同士になるまで続けます。この経験を通して知り合った猫たちは、食事をするという楽しい時間を共有することで、お互いの存在をポジティブに感じることができるようになります。このプロセスの途中では、相手に不満を表したり、「シーッ」と警戒音を発したりすることもあると思いますが、次第にその回数は減っていくはずです。もし、どうしても2匹の間に問題があるようなら、数日完全に引き離してみましょう。

猫たちがお互いに安心するようになれば、最後の段階です。ドアを完全に開けて、猫たちが好きな時に出入りできるようにしましょう。もちろん、初めのうちは、猫たちを観察し、喧嘩をしないかどうかチェックしてください。完全に仲良くなるまでは、2匹が一緒にいる間は目を離さないようにしましょう。また猫のトイレボックスは必ずそれぞれ1つずつ用意しましょう。そうしないと優勢な猫がもう一匹の猫を追い回し、トイレボックスを占領してしまうので、残った猫のトイレがなくなってしまいます。

犬のいる家に新しく猫を迎える・・

すでに家に犬を飼っている家庭に猫を迎える場合は、少し手順が変わってきます。まず最初に何日かは、猫だけを別の部屋に隔離します。猫がその部屋に慣れるまで数日待ち、そして犬がケージに入っている時を見計らって、後日他の部屋を探索させます。猫がある程度家全体に慣れてきたら、犬に紹介します。犬を紐でつなぎ、座らせるか、伏せをさせた状態で、猫を同じ部屋に入れます。犬がおとなしくしていて、猫が興味を示すようなら、猫を犬に近寄らせてあげましょう。そして猫自信で犬をチェックさせる機会を与えましょう。ここで問題となるのは、犬が攻撃的になったり、または猫が犬の顔を引っ掻く可能性がある場合です。猫の性格や今までの過去を知っていれば、どうなるか想像することは出来ますが、知らない場合は対処が難しくなります。以前に犬に追いかけられたことがある猫は犬との関係を築くのが難しいのが通例です。また犬の中にも猫と仲良くなるものもいれば、威嚇したりするものもいます。さらには本能的に他の動物を獲物と認識し、捕まえようとする犬もいます。2匹を引き合わせる時にはしっかりと観察し、2匹が仲良くなるまで目を離さないで下さい。そして猫が逃げ込める安全な場所を必ず部屋の中に確保してあげてください。赤ちゃん用のドアゲートを部屋の入り口に設置するのもいい案でしょう。まだジャンプが出来ない子猫の場合には、ゲートの高さを床から8~10センチ程度上げ、猫が下を潜れるよう隙間を確保します。そして猫砂や猫のトイレを犬が届かない場所に設置して置いてください。これは、猫の排泄物や猫砂を食べてしまう犬もあるためです。また怖がっている猫が犬のいる近くでトイレを使わなくてもいいようにする意味もあります。

新たに飼うの猫の過去(性格や出来事、経験)を知っておくこと、そして自分の家庭に馴染めそうな猫を選ぶことが、あなたと猫が一家族として幸せな生活を送れるかどうかの鍵となることを覚えておきましょう。そしてもう一つ大事なのは、焦らず、猫に少しずつ新しい環境に慣れてもらうことです。

ペット用品、ペットフードがお買い得!毎月のセールもこれが見逃せない!↓↓↓

あなたのお気に入りの猫砂はどれ?

  • においをとる砂 by Lion (15%, 3 アンケート)
  • オシッコのあとに 香る 砂 せっけんの香り by デオサンド (15%, 3 アンケート)
  • トフカス トフカス サンドK by トフカス (15%, 3 アンケート)
  • 花王ニャンとも清潔トイレ 脱臭・抗菌チップ 大きめの粒 by 花王 (10%, 2 アンケート)
  • その他 (10%, 2 アンケート)
  • 1週間消臭・抗菌デオトイレ 取替え専用 飛散らない消臭・抗菌サンド by ユニチャーム (10%, 2 アンケート)
  • おからの猫砂 グリーン by 常陸化工 (10%, 2 アンケート)
  • トイレに流せる木製猫砂 by 常陸化工㈱ (10%, 2 アンケート)
  • トイレに流せるおから砂 by Lion (5%, 1 アンケート)
  • ペットキレイ お茶でニオイをとる砂 by Lion (0%, 0 アンケート)
  • デオサンド トイレに流せる紙タイプ by ユニチャーム (0%, 0 アンケート)

総投票数: 20

読み込み中 ... 読み込み中 ...

猫関連サイトへのリンク

過去アーカイブ